オリジナルTシャツデザインを作る

デザインを作る

オリジナルTシャツのプリントデザインを作る

チームやお店のロゴマーク、お客様が描いたイラストなど、オリジナルのデザインを考えましょう!

お客様のご希望をお聞きし、最適なアドバイスをさせていただきます。

case1イメージ画像や参考画像からデザインを作る

作りたいデザインに近いイメージ画像をインターネットや実物から見つけていただいて、事前にメールなどで送っていただき、こちらで再度デザインをし確認しながら作り上げてゆく方法です。手書きやPCが苦手な方や、ある程度イメージがある方にオススメです。

※内容や修正頻度によりデザイン料金がかかります。

Case2手描きを活かしたデザインを作る

お客様自身が描いた手描きの原稿を元に作り上げてゆくデザイン方法です。アナログ感あふれるオリジナルイラストや文字、筆書きやクレヨン画などの特性を活かした風合いが特徴でハンドメイドな雰囲気がオススメです。
原画の不要なヨゴレや補正などしますのでご安心して思いっ切り描かれてください。

原稿は濃くハッキリと描いて下さい。鉛筆やボールペンでは細すぎます。

下書きなどの不要な線はきれいに消して下さい。ノートの方眼なども影響します。

※内容や修正頻度によりデザイン料金がかかります。

case3ラフスケッチで伝えてデザインを作る

お客様の描いたラフ原稿を元にこちらできれいに描き起こし修正して作るデザイン方法です。フォントの使用やラフスケッチを加筆修正してお客様のデザインの完成度を高めてゆくのが特徴です。はじめての方や修正が必要な方にオススメです。

※内容や修正頻度によりデザイン料金がかかります。

case4写真をそのまま使ってデザインを作る

イラストやマークが無くても思い出の写真や写メから作るデザイン方法です。インクジェットだけでなく単色スクリーンプリントにも応用してワンランク上のデザインを作ることも可能です。元となる写真の明るさ、ブレ、解像度や保存形式によって仕上がりが左右されますので注意!
原画の不要なヨゴレや補正などしますのでご安心ください。

※内容や修正頻度によりデザイン料金がかかります。

case5グラフィックソフトでデザインを作る

お客様がPCでデザイン制作されたグラフィックデータを完全原稿として制作する方法です。デザインの制作から入稿までをグラフィックデータで管理できることが特徴です。ソフトの操作やグラフィックデザインの知識のある方にオススメです。

Adobe イラストレータ【バージョン10.0~CS6まで】
  • 書体を使用された場合は必ずアウトライン処理を行ってください。
  • 線の太さは1pt以上(0.35mm以上)でお願いいたします。
  • カラーモードはCMYKでお願いいたします。

イラストレータの機能『フィルタ』や『効果』は、シルクプリントでは表現できない場合が多いため、ご使用にならないようお願いいたします。

Adobeフォトショップ【バージョンCS~CS6まで】

シルクプリントの場合

  • モノクロ2階調で600dpi/inchにて制作してください。
  • 基本的に1色プリントのみのお取扱いとなります。多色の場合はご相談下さい。高メッシュ製版等のご案内もできます。

フルカラー転写プリントの場合

  • 実寸サイズもしくはそれ以上の大きさで、データ解像度350dpi/inch以上にて制作して下さい。
  • カラーモードはCMYKに変換して下さい。

データ入稿先は下記▼

メール入稿

case6デザインサポート入稿

お客様が手書きで描かれた絵を下絵としてこちらでデザインを制作する方法です。手書き絵やパソコンやアプリ使用が苦手な方にオススメです。

※別途デザイン料金がかかります。1案作成¥3300~

時間と労力がかかりますので複数のデザイン提案や過度な修正など内容によってはお断りさせていただきます

case7オリジナルデザインシュミレーターからデザインを作る

各Tシャツの商品ページ下部のオリジナルデザインシュミレーターよりデザインから制作発注までできるサイトをご用意しております。小ロット、フルカラーなどのお客様には便利でオススメです。

case8スマホデザインアプリからデザインを作る

他社が運営するスマートフォンのオリジナルデザインアプリ・写真加工アプリよりデザインから作る方法を紹介しております。他にはないスマホ使用のお客様には便利でオススメです。
すべて画像での保存になりますので、解像度・データサイズは最大で保存してください。

デザインアプリでデザイン入稿

手書きデザイン(シルクプリントのみのサービスです)
手描きの風合いを活かしたい方や、パソコンでデザインできない方に、手書きの原稿の入稿も受け付けております。 基本的に汚れの無い白い紙に黒のサインペンで濃淡が無いようにしっかりと濃く描いてください。
FAXではデザインが劣化するため、必ずメールにて入稿をお願いいたします。
※鉛筆・ボールペン不可 濃淡やグラデーションの表現はシルクプリントではできませんので、ご了承ください。

お問い合わせは下記までお願いします

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。