オリジナルTシャツ制作でのプリント加工方法別メリット・デメリット

オリジナルTシャツ制作でオリジナルデザインや会社のロゴ個人ネームなどを入れるのに必須であるプリント加工方法別にメリット・デメリットをまとめてみました。

無地のアイテム + 加工サービスで小量生産からオリジナルアイテムが作れます。

無地のアイテムにプリントや刺繍などの加工を施して、お客さまのオリジナルアイテムを作る事が可能です。自社工場で、生産性と品質の向上を追求しています。

シルクスクリーンプリントやインクジェットプリント、転写、刺繍、染色と様々な加工サービスをご提供しています。

用途・イメージに最適な加工方法をご提案させていただきます。

オリジナルウェアプリント加工方法メリット・デメリット

↑クリックすると大きい画像で確認できます。


少量生産対応可能 -スピード対応可能 -用途に適した加工方法提案-

オリジナルTシャツプリント加工のメリットデメリット

加工方法

  • シルクスクリーンプリント

    版を用いてアイテムにインクを刷り込む加工方法です。生産性、耐久性、コストパフォーマンスのバランスが良く、最も一般的な加工方法で、大量生産にも向いています。しかし色ごとに版が必要なため、色数が増えれば価格が上がるという側面もあります。

  • インクジェットプリント

    専用プリンターで生地に直接インクを吹きつける加工方法です。版が不要なため、フルカラーやグラデーションのデザインの少量生産に向いています。基本的には綿100%素材にしかプリントできませんが、綿ポリの場合は綿の混紡率が50%以上あれば対応可能です。

  • 転写プリント

    専用シートにプリントをして熱圧着する加工方法です。フルカラーやグラデーションのデザインに向いており、再現性も高いです。インクジェットプリントに比べ、素材やアイテムを選ばず幅広く対応します。しかしシートを貼りつけるため、広い面積のデザインの場合は多少ごわつきます。

  • 刺繍

    生地に糸を縫い込む加工方法です。プリントなどに比べて立体感や高級感があり、擦れに強い性質もあります。オリジナルデザインの刺繍以外にも、名入れ刺繍やナンバリング刺繍のように、既存の書体から選んだ文字を刺繍する、比較的安価なサービスもあります。

  • 染色・洗い

    染色は繊維に色素を吸着、結合させる加工方法です。綿100%のTシャツやスウェットなどのアイテムをお好きな色に染めることが可能です。インディゴ染めやタイダイ、ムラ染めなどあらゆる技法があります。また洗い加工は、アイテムを水洗いする事で風合いをだしたり、縮みを防止する効果があります。

  • 仕上げ

    たたみ加工や襟ネームの付け替え、下札の取り付けなどの仕上げ加工も可能です。また、検品、検針などの最終製品の品質管理までお任せいただけます。