福岡オリジナルTシャツデザイン作成ーイラストレーターやフォトショップでのデザインソフトデータ作成のポイント

オリジナルプリントTシャツ作成に必ず必要になるデザインを作成するためのデザインソフトについてご紹介いたします。

パソコンだけでなくスマートフォンのアプリとしても登場しているアドビ社のデザインツールの使い方は覚えていて損はないです!

第1章  ベクターとラスターの違い

 画像データには基本「ベクター画像」と「ラスター画像」の2種類の形式があります。
illustratorは「ベクター画像」を作成するソフトウェアですが、
Photoshopなどで作成した「ラスター画像」も扱うことができます。

ここで注意していただきたいことは、
カットデータとして使えるのはベクター画像だけ。
つまり、Photoshopで作成したデータではカットデータとして使えないのです。

① ベクター画像

「ベクトル画像」ともいいます。
図形を直線と曲線(ベジェ曲線)で表し、X軸、Y軸の座標に基づく計算によって描画します。
illustratorで作成するデータはこのベクター画像です。

メリット
・拡大、縮小、変形してもそのつど計算し直して描画するので、画質が劣化しない。
 常に輪郭がくっきりする。
・解像度を気にしなくて良い。
・イラストやロゴマークなど輪郭がはっきりしたデータ向き。
・ラスター画像に比べてデータサイズが小さい。

デメリット
・複雑な線や配色のデータは膨大な計算量になり再現に時間がかかる。
・写真など細かい画像を描くには向かない。

②ラスター画像

「ビットマップ画像」ともいいます。
小さなドットの集合体で描かれた画像です。
画像を拡大するとドットが集まって構成されているのを見ることができます。
photoshopで作成するデータはこのラスター画像です。

メリット
・写真や、細かい色の違いや濃淡などの情報がある画像向き。

デメリット
・画像を拡大縮小したり、変形したりすると輪郭のギザギザが目立ったり、色がぼやけたり、
 画像の劣化が起こりやすい。

ベクター画像とラスター画像の見分け方 

ベクターとラスターについていろいろと説明しましたが、 とりあえず「illustratorはベクター画像が作れる!」 そして、カットデータとして使えるのはベクター画像だけ!

 

 


第2章  CMYKとRGBの違い

カラーモード Illustrator上で色の情報をどのようなデータで表現するかを 決定するのが「カラーモード」です。

カラーモードには、「CMYK」と「RGB」の2つがあります。  

▼ CMYK  

印刷物のデータを作成する場合に用います。 Cyan(シアン)/Magenta(マゼンタ)/Yellow(イエロー)という『色の三原色』に、 Black(ブラック)を加えた4色で色を表現します。  

CMYのインクを混ぜると、黒に近づいていき、これを「減法混色」といいます。

理論上で、CMYすべて混ぜると黒になりますが、完全な真っ黒は表現できません。

そこで、CMYとは別にK(ブラック)インクも加えるのです。

 ▼ RGB  

対して、WEBページに使用する画像や、テレビやPCなどモニターディスプレイで 表示する画像は、「RBG」を用います。 Red(赤)/Green(緑)/Blue(青)という『光の三原色』で色を表現します。

 RGBの光を混ぜると明るい色になり、すべて混ぜると白になります。 これを「加法混色」といいます。

今自分が作っているデータのカラーモードは、 ドキュメントタブで確認することができます。
一般的に、CMYKよりRGBの方が色域(表現される色の範囲)が広いため、 CMYKでは表現できないような蛍光カラーもRGBでは表現できるのです。逆に、モニター上で見ている画像や写真を、 CMYKインクのプリンターで印刷しても モニター上の色味と同じようには再現できないのは色域によるものです。
また、ドキュメントのカラーモードを途中で変更すると、 以前と同じ色には戻りません。これも色域によるものです。
変更する際は、あらかじめファイルを保存しておきましょう。  
プリンター(印刷機)での出力は、 すべてCMYKのカラーモードでデータ作成します。
印刷データなのに間違えてRGBにしてしまうと思った色がでないので、 都度必ず確認するようにしましょう。
  印刷物のデータは CMYK カラーモード 

 

 


第3章 レイヤーについて

「レイヤー」とは、透明なフィルムに絵が描いてあって そのフィルムが重なっているイメージです。

 絵の階層ごとに「レイヤー」を分けることで重ね順を入れ替えることができます。

でも、それなら「レイヤー」で分けなくても「重ね順」でいいのでは? っと思ってしまいますよね。

そこで今回は「レイヤー」のここが便利! という機能を紹介したいと思います。

まず、「レイヤー」は「重ね順」と同じような機能を持っています。

しかし、「重ね順」は個々のオブジェクトに対して入れ替えられますが、 「レイヤー」はレイヤーごとに分けたオブジェクト全体を入れ替えたり、移動したりできます。

例えば、「カラー:レイヤー」を一番下にドラックすると、 レイヤーに含まれていた複数のオブジェクトが「背景:レイヤー」の 下に移動したので見えなくなってしまいました。

「レイヤー」は関連のあるオブジェクトで分けられて、一度に移動が可能なんです。

「レイヤー」内の全てのオブジェクトを選択することも可能です。

オブジェクトが多く、複雑になってくると 「選択したいところが触れない!」 ということが起こってきますよね…

そんなときは「レイヤー」パネルのこの部分をクリック。

(下記の図) するとクリックした「レイヤー」に含まれるオブジェクトがすべて選択されるのです。

便利!! 下記の図だと、「葉っぱの色だけ変えたいなー」なんてときにクリックすると 一度に対象のオブジェクトが選択できるので時短に繋がります。

また、選択されているオブジェクトが含まれている「レイヤー」に四角いアイコンが表示されるので どのレイヤーに含まれているかわからなくなった時も便利です。

その他の便利機能はこちら

・表示/非表示の切り替えは左の目の形をしたアイコンをクリック。目があると表示、目が消えていると「非表示」です。

・鍵マークは「ロック」機能。レイヤー内のオブジェクトを動かしたくない時に便利。

・レイヤーの削除は含まれているオブジェクトも消えてしまうので注意してください。

レイヤーはオブジェクトを整理して作業の時間短縮ができるのでぜひ上手に活用してみてください。 他の人にデータをわたすときも、整理されていると好印象です。

 

 


第4章 文字ツールを使いこなそう!

テキストオブジェクト

Illustratorでは、文字のことを『テキストオブジェクト』と呼びます。
チラシ製作の際に文字を打ち込んだり、切り文字ステッカーを制作する際にも
「テキストオブジェクト」を使います。

テキストオブジェクトには、『ポイント文字』  『エリア内文字』  『パス上文字』 の3種類があります。

▼『ポイント文字』

文字ツールでクリックした位置から、右一列に文字が配置されます。
改行(Enterを押す)するまで、右に文字が連なります。
選択した際にでる青い四角(バウンディングボックス)を大きくすると
文字のサイズも大きくなります。

<  作成方法  >
文字ツールを選択すると、図の①の形のカーソルが表示されます。
②文字を打ちたい場所をクリックするとカーソルが点滅します。
③文字を入力します。

▼『エリア内文字』

「テキストエリア」と呼ばれる枠の中に文字を敷き詰めます。
文字列を入力していくと、テキストエリアの境界に達した段階で、自動的に次の段に折り返されます。
バウンディングボックスを大きくすると文字のサイズは変わらず、テキストエリアの範囲だけが広がります。

<  作成方法 1 >
文字ツールを選択し、カーソルが①の図のようになったら、
②任意の位置でドラッグ(左クリックしたままマウスを移動させる)&
ドロップ(左クリックを離す)し、テキストエリアを作成します。
③カーソルが点滅するので文字を打ち込みます。

※文字が入りきらなくなる(オーバーフローの状態)と、赤い「+」マークが表示されます。
テキストエリアを拡大して広げることで解消します。

<  作成方法 2 :ある形のオブジェクト内に文字を流し込む場合 >
エリア内文字ツールを選択し、カーソルが①の図のようになったら、
②文字入力したいオブジェクト(この場合は星)のパス上でクリックします。
③カーソルが点滅するので文字を打ち込みます。

文字列を入力する際に、オブジェクト(星)をクリックした時点で、オブジェクト(星)はテキストエリアになります。
そのため、オブジェクト(星)の塗りや線の設定が無くなりますが、後から設定可能です。 

▼『パス上文字』

パスに沿って文字を並べます。
バウンディングボックスを大きくするとポイント文字同様、文字サイズが大きくなります。

< 作成方法 >
パス上文字スーツを選択し、カーソルが図①の形になります。
②カーソルを添わせたいパス上に持っていきます。
③クリックするとカソールが点滅し、その地点からパスに沿って
文字を入力できるようになります。

こちらもオブジェクトの塗りや線の設定は無くなりますが、後から設定できます。

ポイント文字とエリア内文字の切り替え

ポイント文字(もしくはエリア内文字)を選択すると、
青い四角(バウンディングボックス)で囲まれた右側に小さな○(もしくは●)が表れます。
これをダブルクリックすると、エリア内文字(もしくはポイント文字)に切り替えることができます。

では、チラシを参考に、
3つのテキストオブジェクトを振り返りましょう!!!

サブ見出しには「パス上文字」、見出しには「ポイント文字」、説明文には「エリア内文字」が使われています。
使い分けることで、同じテキストオブジェクトでも様々な表現が可能です。

【番外編!】「パス上文字」と「エンベロープ:円弧」の違い

*エンベロープとは
オブジェクトを変形したり、別のオブジェクトに合わせてパスを変形する機能です。

見た目は似ているけれど、
パス上文字」は、形を保ったまま1文字1文字パスに沿って並んでいるイメージ。
文字自体は変形しません。

エンベロープ:円弧」で変形させた文字は、
1連の文字全体を水平方向にブニッとカーブさせたイメージです。
文字自体の形も変わります。

『文字ツールの使い分けが大事!』というお話でした。

 

 


 

第5章 プリント・カットのデータ作りで役立つ変形・整列できれいに面付!

5回目は「変形・整列」機能についてです。作成したオブジェクトを拡大・縮小したり、回転したり、並べたり印刷データを作るときや、面付をする際によく使う機能です。基本の操作なので、ぜひマスターしてください!

変形について

オブジェクトを選択すると、オブジェクトの周りを囲むように枠が表示されます。
この枠をバウンディングボックスと言います。
このバウンディングボックスの四隅と四辺にハンドルという四角があるのがわかりますか?
このハンドルを動かすと水平、垂直方向に拡大縮小します。
また、shiftキーを押しながらドラッグすると、縦横比が固定されて拡大縮小できます。

拡大・縮小
数値を入力してオブジェクトのサイズを変更する場合、
変形したいオブジェクトを選択し、
「オブジェクト」>「変形」>「拡大・縮小」で詳細を入力し変形ができます。

 

個別に変形
アートボードにステッカーを面付したとします。
このとき全てを選択して「拡大・縮小」すると、配置したオブジェクトの位置が変わってしまいますね。
しかし、「オブジェクト」>「変形」>「個別に変形」を選択すると
オブジェクトがその位置で拡大・縮小します。
大量のオブジェクトを変形させる場合に大変便利な機能です。

整列
複数のオブジェクトを上下、左右、中心などに沿って並べたり、等間隔に配置したりできる機能です。こちらも、印刷データの面付でよく使う機能になります。

オブジェクトの整列
・水平方向の左端、中央、右端
・垂直方向の左端、中央、右端
にオブジェクトを並べる機能です。
並べたいオブジェクトを全て選択して任意のボタンを押します。

 

 

任意のオブジェクトを基準にして並べる
基準にしたいオブジェクトがあるときは、並べたいオブジェクトを全て選択した後、基準にするオブジェクトをクリックします。すると基準にしたオブジェクトの青い枠が太くなります。
続いて任意のボタンを押すと、基準にしたオブジェクトに合わせて整列されます。



多くのオブジェクトを面付する際、整列を使い印刷範囲を無駄なく使うことでコストも抑えられるので、ぜひ活用してみてください。

 


 

第6章 オフセット機能で塗り足しやカットラインを作成しよう!

 

■ オフセット
オフセットとは、選択しているパスを設定した距離分だけ大きくしたり小さくしたりする機能です。正の値の時には外側に大きく、負の値のときには内側に小さくなります。(大きくすることを「太らせる」なんて言ったりします。)

よく、拡大・縮小と何が違うの?と思われる方もいらっしゃいますが、
拡大・縮小は、比率を保ったまま大きく/小さくなります。
オフセットは、決められた数値分だけ大きく/小さくなるので、縁どった感じになります。

ですので、正方形の場合は見た目に違いが生じませんが、長方形だとどうでしょう、こんなにも見た目に差がうまれます。

オフセットはどんな場面で活躍するのか、
印刷の現場で役立つ方法をご紹介していきたいと思います。


印刷の現場ですと、主にステッカーの塗り足しやカットライン、アクリルキーホルダーのカットラインなどに用いられます。
まずは、塗り足しの作り方から学んでいきましょう!

 

01. ステッカーの塗り足しをつくる 

ステッカーを作る際、デザインと同じ形でカットラインを作成してしまうと、ずれてしまった時にシールそのものの部分(デザイン外の部分)が出てきてしまいます。

これを防ぐために、カットラインよりはみ出して印刷データを作る必要があります。塗り足しを作ることで、多少ずれてしまってもカバーすることが出来ます。

この塗り足しを作る際に「オフセット」機能を使用します。
では実際に作っていきましょう!

 

< 手 順 >

  1. 塗り足しを付けたいパスを選択し、画面上部メニューバー内の「オブジェクト」>「パス」>「パスのオフセット」を押すと、「パスのオフセット」ダイアログボックスが表示されます。
  2. 「オフセット」、「角の形状※」を入力します。「□プレビュー」にチェックを入れると変形後のイメージをリアルタイムで見ることができるので便利です!
  3. 各項目を入力し「OK」を押すと塗り足しの完成です!!

 

※角の形状は3つから選ぶことができます。
マイター:選択しているパスの角の形状と同じ角になります。
ラウンド:角が丸くなります。
ベベル :角が面取りされます。

 

「マイター」を選んだときのみ、「角の比率」が有効になります。今回は省略しますが、マイターを正しく使わないと厄介なことになってしまうので、特に理由がない場合は基本「ラウンド」を選択することをおすすめします。

おさらい

 オフセット
選択しているパスを設定した距離分だけ大きくしたり小さくしたりする機能。正の値の時には外側に大きく、負の値のときには内側に小さくなる。

画面上部メニューバー内の「オブジェクト」「パス」「パスのオフセット」


印刷の現場において、「オフセット」はステッカーの塗り足しやカットライン、アクリルキーホルダーのカットラインなどに用いられる。

オフセット機能で塗り足しやカットラインを作成しよう!

02. カットラインをつくる

上記のようなフチを残したシールのカットラインを作る際もオフセットが役に立ちます。
前回の「01.ステッカーの塗り足しをつくる」では、クマをかたどっているパスが1つでしたのでオフセットをかけるのはラクチンでしたが、複数のパスでできているデザインの場合はどのようにオフセットをかけたらよいのでしょうか?

それでは見ていきましょう!


< 手 順 > ※すべてパスでてきている場合を前提としています。

  1. デザインとカットラインでレイヤーを分けておきます。
  2. レイヤー「デザイン」にあるデザインをレイヤー「カットライン」にコピーします。レイヤー「デザイン」の表示をオフにしておくと今後の作業が行いやすいです。(目のマークをクリックし閉じる)
  3. レイヤー「カットライン」にコピーしたオブジェクトを、パスファインダーの「合体」で一体化します。塗りから線に変更しておきます。
  4. 一体化したパスを選択し、「パスのオフセット」をかけます。元となったパスを削除します。
  5. レイヤー「デザイン」を表示させれば、デザインオブジェクトとカットラインが完成です!


03. 応用!アクリルキーホルダー用の
  穴付きカットラインをつくる


アクリルキーホルダーには欠かせない穴のついたカットラインを作成したい場合、どうやって1つのカットラインをつくるのか見ていきましょう!
 

< 手 順 > ※すべてパスでてきている場合を前提としています。

  1. 上記「02.カットラインを作る」の③でオブジェクトを一体化したあと、キーホルダーを通す穴を「楕円形ツール」で小さな丸いパスを作成します。
  2. 一体化したパスと作成した丸いパスを選択し、「パスのオフセット」をかけます。
  3. 出来上がったパスを、パスファインダーの「合体」で一体化します。
  4. ①で使用した一体化したパスを削除し、穴用の丸いパスはカットラインの色に合わせます。
  5. レイヤー「デザイン」を表示させれば、穴の空いたカットラインの完成です!


<番外編>カットラインを滑らかにしよう!

カットラインを滑らかにしておかないとどのようなことが起こりやすいのでしょうか?
例えば、内側にえぐれた角があるステッカーは、台紙や対象物から剥がすときに角に圧力が集中し、そこから破れてしまうことがあります。また硬いアクリルキーホルダーの角が尖がっていると危険です。
滑らかにすると、これらを防ぎ見た目も美しくなるのでおすすめです。
 
ちょっとの手順で滑らかにできるので、
是非押さえておきたいところです!
 

< 手 順 >

  1. 完成したカットラインのパスを選択し、プラスオフセットをかける。(+2mm / 角の形状:ラウンド)
  2. ①で出来上がった新しいパスを、大きくした分だけマイナスオフセットをかける。(-2mm / 角の形状:ラウンド)
  3. ②で出来上がったパス以外削除する。これだけです!

修正前と見比べてみると少し丸くなりました!
わかりやすいよう色を替えた★の図を見てみるとパスが徐々に変化しています。ここまで丸くしなくても良いかもしれませんが、イメージに合わせて加減してみてください。


第7章 エンベロープでの表現とカットライン作成方法

 エンベロープ
エンベロープとは「変形の型となるオブジェクト」のことで、変形させたいオブジェクトに「エンベロープ」を適用すると、あらかじめ用意された型や指定した型に合わせて変形させることができる機能です。
 
エンベロープ機能を使うことで、変形による様々な表現が可能です。

エンベロープには「ワープで作成」 「メッシュで作成」 「最前面のオブジェクトで作成」の3種類があります。
それぞれ、「オブジェクト>エンベロープ」から適用することができます。


1)ワープで作成
あらかじめ用意された形(=ワープスタイル)に合わせて変形させることができます。


< 手 順 > 

変形させたいオブジェクトを選択し、オブジェクト>エンベロープ>ワープで作成をクリックします。「ワープオプション」ダイアログが表示されるので、各項目を設定したら完成です。

 

今回使用したワープスタイル「旗」の他にも、
プルダウンから様々なワープスタイルを選ぶことができます。
また、方向やカーブの程度によって形が大きく変わってくるので下記の図を参考に色々試してみてください!


▽水平方向/カーブ:50%の場合

2)メッシュで作成
任意の数に区切った「エンベロープメッシュ」と呼ばれる網目を作成し、その交点(メッシュポイントやハンドル)や、メッシュ間の面(メッシュパッチ)を動かすことでオブジェクトが変形します。コツがいりますが、自分の好きなように動かせるので直観的に変形させることが可能です。

 

< 手 順 > 

「行数」と「列数」を入力し、エンベロープメッシュが適用されたら、ダイレクト選択ツールに切り替え、メッシュポイントやハンドル、メッシュパッチを動かしオブジェクトを変形させます。

 

3)最前面のオブジェクトで作成

背面にあるオブジェクトを、最前面のオブジェクトの形に合わせる(沿わせる)機能です。
ワープやメッシュでは表現が難しい形に変形することができます。
 

< 手 順 >
型となるオブジェクト(今回は黒いハート型の線)をあらかじめ最前面に配置し、最前面に持ってきた型となるオブジェクトと、変形させるオブジェクト(今回は文字)の両方を選択し、オブジェクト>エンベロープ>最前面のオブジェクトで作成をクリックします。

 

 ]

作成のポイントは、変形させるオブジェクトより型となるオブジェクトを前面に持ってくることです。
 
 
 
【「エンベロープの編集」と「オブジェクトの編集」】
エンベロープが適用されたオブジェクトを選択すると、コントロールパネルにこのようなボタンが現れます。

「エンベロープを編集」では、名前の通りエンベロープの編集ができ、オブジェクトの形を変えることができます。
「オブジェクトを編集」では、エンベロープが適用されているオブジェクト自体を再編集することができます。文字を入力しなおしたり、色を変えたりも可能です。

■よくあるお悩み!■
エンベロープをかけたオブジェクトが、思い通りにカットできない!!
そんな経験はないでしょうか?
エンベロープをかけたオブジェクトは、形状を変化させたのであって、編集を行える段階ではまだパスは確定ではないからです。
(文字にアウトラインをかけてパス化しないとカットできないのと同じです!)

エンベロープ回ではここが一番のポイント!!
カットラインにするためには、
「エンベロープの拡張」を行います!

(オブジェクト>エンベロープ>拡張)

そうすることで、変形させた見たとおりの形のパスができあがり、
カットラインにすることができますよ☆

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。